TOP会社案内製品案内プラント建設業務ラボ試験業務お問い合わせ
製品案内
TOP > 製品案内 > 造粒機 > ダイギヤペレッター

ダイギヤペレッター

 

▲ ダイギヤー押出成型

▲ 左:ソー無 右:ソー使用時

特徴

 高粘性材等、粉体のように加圧成形できない材料を対象とした連続式造粒機です。

ケーシング中に配置された1対の高トルク回転ギヤに、材料供給を行います。 材料はギヤ回転と共に、ギヤ歯間と壁面間の摩擦によって混練と転動が促進され、排出側に設けられた円筒形ダイスでペレタイズされて造粒品を連続成形します。
加圧ギヤーとダイス間の空間側面には、成形圧力センサーが設置されており、原料に加わる圧力状態を常に監視制御しています。この原料に係る圧力信号を検知して、加圧ギヤーの回転制御を行い、ペレタイズされる原料の圧力を一定に保持します。

  • 原料圧力信号により加圧ギヤの回転を自動制御するので、容易な造粒条件設定が可能です。
  • 均一な原料加圧により、安定した造粒品質の確保が可能です。
標準対応
乾式処理を対象とする機器です。乾式対応製品
連続処理を対象とする機器です。連続処理
駆動系の周波数変更が可能です。インバータ可変速
オプション対応
材料形状に応じ、ローラ表面の加工が可能です。ギヤ材質
接粉部での付着防止として、スクレーパーの取付が可能です。スクレーパ
各種ガス雰囲気で対象材料の処理が可能です。雰囲気
※上記オプション対応が可能です。各仕様は、別途詳細打ち合わせに基づき決定致します。弊社営業マンにお問い合わせ下さい。
試験機対応可
印刷画面
仕様・シリーズ
型式 処理量 (m3/h)
*理論押出量
加圧ギヤ径
(mm)
電動機 (kw) ダイ仕様
加圧ギヤ カットソー
DG-1020 0.1〜0.4 200 1.5 × 2 0.4 

穴径:Φ6~  
材質:SUS304
   S45C他
DG-1026 0.2〜0.8 260 2.2 × 2 0.4
DG-1032 0.5〜1.5 320 3.7 × 2 0.75
※造粒形状・能力は対象材料・条件によって変動します
印 刷画面
関連製品