PRODUCTS製品案内

ヘミスフィアミキサーHEMISPHERE MIXER

傾斜した半球形槽を採用し微量添加材の分散や異形材料の混合に対応。

  • 混合槽の傾斜角に沿って円周・上下方向に材料が対流、低回転で混合促進。
  • 半球形により槽の内壁全面に沿って材料が対流、付着の無い精密混合が可能。
  • 円筒槽と比較して低回転で均一混合が可能、完全排出に対応。
  • 微量添加剤の均一分散や、粉 / 繊維など異形材料の分散混合が可能。

標準対応

  • バッチ連続
  • 乾式対応製品
  • 湿式対応製品
  • インバータ
    可変速

特許 出願済

製品概要

Hemisphereとは「半球」の意味です。半球構造の混合槽底面に傾斜角を持たせ、混合羽根の半回転毎に円周及び上下方向に複雑な原料対流を発生させて、混合を促進させます。材料は半球内壁全面に沿って3次元的な対流を行い、停滞や付着が発生しません。円筒形槽と比較して低回転で材料が流動するので、羽根の高速回転に伴う混合時の発熱や剪断力による粒子破壊がありません。上部半球槽の頂部に材料投入口が配置されます。混合槽の傾斜底部先端には排出口が設けられており、排出ゲートを開くと傾斜角に沿って材料が自然流動し排出が行われます。円筒形槽のように羽根の遠心力による材料排出とは異なり、槽内に残材が無い完全排出が可能です。

●微量添加材の分散や異形材料(粉+繊維)等の強制混合に適したミキサーです。
●真空やガス雰囲気混合、ジャケット構造による冷却(加熱)混合に対応します。

1. 真空・ジャケット加熱仕様

2. セラミック溶射仕様

1. 真空・ジャケット加熱仕様
到達真空10Pa、熱媒加熱 max200℃のジャケット構造仕様となります。各部は全開放が可能で、ロット切換などの洗浄性を向上させます。

2. セラミック溶射仕様
金属コンタミネーション対策として、接粉部をセラミック(Al2O3)熔射した仕様です。セラミック以外にも、樹脂コートや耐摩耗(DLC)処理が可能です。

3. 上部ワイパー仕様

4. 可変角羽根仕様

3. 上部ワイパー仕様
上部半球槽へワイパーを装着した仕様です。ワイパーを主羽根と同方向または逆方向に回転させて、複雑な材料流を発生させることが可能です。

4. 可変角羽根仕様
短羽根2枚を可変とした仕様です。パワーロックにより角度調整することが可能です。材料の流動性に応じて、跳ね上げ角を調整し混合条件を変化させます。

【円筒形槽のデメリット】
円筒形槽の底部に羽根を配置したミキサーには、次のようなデメリットがあります。

[混合]
●底部で回転する羽根の挙動が粉体上層部まで伝播し難く、上下層で混合が不均一。
●粉体上層部の挙動を活発化させるため、羽根の高速回転や羽根形状を複雑化。
⇒高速回転により、材料の発熱や遠心力に伴う内壁へ付着が発生・成長する。
⇒粉体へ過度な外力が加わり、粒子破壊と粒度分布の変異が発生。

[排出]
●槽側面または底部に排出口を設置し、羽根回転によって材料を遠心力で排出。
⇒槽底部と羽根間や、槽円周側面に残材が発生する。

【ヘミスフィア槽のメリット】
底部が傾斜し上部が半球形のヘミスフィア槽では、次のようなメリットがあります。

[混合]
●羽根が半回転する毎に、材料は傾斜角によって上下対流と円周方向の対流を発生。
●材料が半球内壁に沿って対流し、槽内の停滞ゾーンが発生しない。
⇒円筒形槽と比較して、低回転により材料の発熱や遠心力に伴う粒子破壊が無い。
⇒混合槽内壁全面に沿って材料が流動するので、付着が発生しない。
⇒3次元的な流動によって、微量材や異形材料の分散・混合に対応。

[排出]
●混合槽の傾斜底部先端に排出口を設置。
⇒排出ゲートを開くと傾斜角に沿って材料が自然流動し、残材の無い排出が可能。

用途

電子素材

成形コアのスラリー化。(プレス成形NG品の再溶解)、異形材料(粉+繊維等)の混合。

化学素材

高粘性材料の混合・添加剤分散(接着剤の分散・混合)。

医薬品

原体への微量添加剤の均一分散・混合・調湿。(歯科材料アパタイト混合)

オプション対応

乾式 / 湿式 / 熱 / ガス / 材質

材料の特性(粒子径・流動性・付着)を考慮して、混合羽根の形状を製作致します。
十文字、3枚羽根、ストレートなどの選定が可能です。
混合対象に応じて、摩耗・付着/腐食・異物対策を目的とした混合槽の各種表面処理に対応します。
材料特性をご提示頂き、セラミック溶射・耐摩耗処理・樹脂系コートなどを選定します。
混合中の材料加熱(冷却)を目的として、ジャケット混合槽の製作に対応します。
材料温度をご提示頂き、ジャケット混合槽を設計します。伝熱効率から、短時間での熱処理は対応出来ません。
混合中の調湿を目的として、スプレーや滴下ノズルの製作に対応します。
添加剤の特性(流動性・粘性・温度)や添加量をご提示頂き、噴霧・滴下装置を設計します。
混合槽の排気ラインにコンデンサーを設置し、有機溶剤などを冷却凝集させて回収します。
対象溶媒や操業条件、目標回収率によって最適なシステムを設計します。
混合槽を気密構造としてガス雰囲気置換が可能です。置換ガスは微陽圧として、パージします。
混合槽の前後ラインは、同雰囲気・同圧として連結します。
混合槽を気密構造として減圧処理が可能です。真空ポンプは、到達真空に応じて選定します。
混合槽の前後ラインは、置換室を設け同圧として連結します。

※上記オプション対応が可能です。各仕様は、別途詳細打ち合わせに基づき決定いたします。弊社営業までお問い合わせください。

シリーズ

表を横にスクロール →

型式

有効容積

(m3/b)

電動機

(kw)

外形寸法 (mm)

機長L

機幅W

全高H

US-10

0.07 7.5 1,810 630 1,280

US-15

0.1 11 2,070 700 1,440

US-20

0.15 15 2,315 800 1,600

US-35

0.25 22 2,770 950 1,930

US-50

0.45 37 3,070 1,050 2,150

US-100

0.85 75 3,965 1,360 2,710

※上記型式以外にも各種ラインアップを揃えています。

関連製品

製品や各種粉体テストのご依頼、お問い合わせ、
カタログ送付などお気軽にご相談ください。

お問い合わせ お問い合わせ