PRODUCTS製品案内

バーティカルミキサーVERTICAL MIXER

アジテーターによる強制撹拌と加熱冷却処理に対応した強制撹拌混合機

  • アジテーター回転に伴う槽内の螺旋状対流で、分散性の良い混合が可能。
  • 真空やガス雰囲気、加熱・冷却温度調整など多種の混合設定が可能。
  • 分離構造の混合槽により、容易に内部の完全清掃が可能。

標準対応

  • バッチ連続
  • 乾式対応製品
  • 冷却
  • 湿式対応製品
  • 雰囲気
  • 真空(RP+MBP)
  • インバータ
    可変速
  • 加熱

製品概要

バーティカルミキサーは、円錐形の混合槽に対して鉛直方向に設置された撹拌羽根(アジテーター)を低速回転させて材料の強制混合を行います。混合槽の上部撹拌羽根と直胴部は、油圧昇降機構により分離する構造となっています。混合槽壁面とアジテーターの間は約3mmのギャップ が設けられおり、アジテーターの旋回運動によって混合槽底部の円錐部から直胴部~原料表層へと螺旋状に原料旋回流が発生し、混合が促進されます。混合槽はジャケット構造となっており、熱冷媒を通液し原料を加熱(冷却)しながら混合が可能です。真空排気は混合槽上部ポートから専用フィルタを介して行われます。上蓋には各種ポートが設置されているので、混合中の有機溶剤添加や不活性ガスの導入など、多種条件下での混合に対応します。

1. 混合槽

2. 熱媒ユニット

1. 混合槽
アジテーターは混合槽天板と一体構造で、油圧式昇降機構で上昇分離と旋回が可能です。ロット切換など槽内の精密洗浄に対応します。

2. 熱媒ユニット
混合装置と別置きになります。熱冷媒を混合槽ジャケットに通液し、混合材料の伝熱調整を行います。写真のタンク2基は熱媒と冷媒用で、工程によって切替えます。

3. 混合羽根

4. 排出口

3. 混合羽根
アジテーター上昇時の写真です。混合槽壁面と羽根のクリアランスは、混合負荷による偏心を考慮して約3mmに設定しています。

4. 排出口
混合槽下の排出口はフラッパー構造で混合槽内の完全密閉が可能です。上部アジテーターには真空対応シールを採用し、槽内の真空減圧や雰囲気の保持に対応します。

オプション対応

乾式 / 湿式 / 熱 / ガス / 材質

混合中の調湿を目的として、スプレーや滴下ノズルの製作に対応します。
添加剤の特性(流動性・粘性・温度)や添加量をご提示頂き、噴霧・滴下装置を設計します。
混合中の昇温防止を目的として、ジャケット混合槽の製作に対応します。
材料温度をご提示頂き、ジャケット混合槽を設計します。伝熱効率から、短時間での熱処理は対応出来ません。
混合槽の排気ラインにコンデンサーを設置し、有機溶剤などを冷却凝集させて回収します。
対象溶媒や操業条件、目標回収率によって最適なシステムを設計します。
混合中の材料加熱を目的として、ジャケット混合槽の製作に対応します。
材料温度をご提示頂き、ジャケット混合槽を設計します。伝熱効率から、短時間での熱処理は対応出来ません。
混合槽を気密構造としてガス雰囲気置換が可能です。置換ガスは微陽圧として、パージします。
混合槽の前後ラインは、同雰囲気・同圧として連結します。
混合槽を気密構造として減圧処理が可能です。真空ポンプは、到達真空に応じて選定します。
混合槽の前後ラインは、置換室を設け同圧として連結します。

※上記オプション対応が可能です。各仕様は、別途詳細打ち合わせに基づき決定いたします。弊社営業までお問い合わせください。

シリーズ

表を横にスクロール →

型式 有効容積(m3/b) 電動機(kw) 到達真空(Pa) 外形寸法(mm)
機長L 機幅W 全高H
UVV-10 0.1 30/0.2 10以下 1,980 1,640 2,870
●回 転 数:52〜260min-1
●羽根周速:2〜10m/s
●羽根形状:ストレート/スパイラル脱着選択
●ジャケット加熱:熱媒油潤滑式max200℃(20⇒200℃ at 2h)
●熱媒ヒータ:30kw 熱媒:バーレルサーム400

※上記型式以外にも各種ラインアップを揃えています。

関連製品

製品や各種粉体テストのご依頼、お問い合わせ、
カタログ送付などお気軽にご相談ください。

お問い合わせ お問い合わせ